自由と自分



私にとってのファッションとは

ファッションとは何か。

このテーマを聞いた時、正直何も思い浮かばなかった。強いていうなら、「おしゃれ」という単語が頭に浮かんだが、自分はこの「おしゃれ」に苦手意識がある。これはきっと自分の自信のなさに起因するものだと思う。



昔、自分が好き好んでつけていたアクセサリーを友人に「ダサい」と言われた。

その時はなんとなく笑って見せたが、この否定の言葉は自分の中に深く刻まれている。(ちなみに「ダサい」と一蹴されたアクセサリーは「ロボットのネックレス」…今思えば確かにダサい。笑)

更に遡れば、小学校、中学校、高校、大学とことごとく自分の選択を否定されてきたように思う。




自分とジェンダー

例えば、小学校の頃は黒いランドセルが欲しかったが、与えられたのは赤いランドセルだった。

中高では制服はズボンが良かったが、与えられたのはスカートだった。

「こういう服を着たい」といえば、「なぜそんな男の子みたいなものを欲しがるのか」「男になりたいの?」と聞かれた。

でも、その言葉にも違和感を覚えた。「男になりたい」訳では無い。かといって、「女らしくありたい」訳でもない。


自分は「自分」でしかないのに、なぜ「男」や「女」の型に入れようとするのか。息苦しさと、自分を否定されたような気持ちになった。


このような過去もあってか、今の私のファッションを一言で言い表すなら「無難」という言葉が合うだろう。

可もなく不可もなく。敵を作らない。それが自分の「ファッション」だったのだろう。




見つけた「自分のファッション」

ただ、最近ふと「オシャレが楽しい」と感じた瞬間があった。それは、何気なくInstagramにアップした写真についた「オシャレ!」「いいね!かっこいい!」「似合ってるね!」という肯定的なコメントがきっかけだった。

今までは何かと否定されることが多かった中、突然多くの「いいね」が寄せられ、少し困惑したものの、同時に喜びを感じた。

「自分のファッションはこれが正解なのか…!」

そう思うと、なんだか今までどこか避けていた「オシャレ」への興味がすこし湧き出た。

「こういう服が自分には"合う"んだ」

「こういう服を着ている自分を皆は好きなのか」

もっと好きと思って欲しい。その想いが、ファッションへの興味を加速させたのだと思う。



なりたかった「自分」とは

そんなことを、このコラムを書こうと決めた時別の友人に話してみたところ、思いもよらぬ答えが返ってきた。


「それって結局"いい子ちゃんのファッション"ってことね」


衝撃だった。

やっと見つけた「自分のファッション」だと思っていたものは、結局誰かに褒められたいがための「いい子ちゃんのファッション」だったのか。


少しの間、思考が止まった。

じゃあ、自分の「ファッション」とは何なのか……。



改めて友人に聞かれた。

「自分にとってのファッションってなんなん?」

しばらく悩んだが浮かんだ答えは「お守り」だった。


「自分という概念を守ってくれるお守りやと思う。」


でも、自分でも少し違和感があった。

自分のこの"いい子ちゃんのファッション"がお守りなのだとしたら、一体何から守ってくれているのだろう。


そこで、冒頭のことを思い出した。

「無難に見られたかったのかもしれない」


自信がない自分を守る「無難」という名のお守り。

でもそれは、型にハマりたくない自分にとって、

本当に「お守り」だったのだろうか…。



ここで改めて考えた。


自分が本当に望む「私のファッション」とは何か。



着てみたいものはある。

かっこいい綺麗系なセットアップも着てみたい。


身につけたいものもある。

世界に一つだけのオリジナルグッズを身につけたい。


テーマも設けたい。

動物や鳥をテーマにしてみたい。


でも、いまひとつまとまりがないように感じた。



そこでまた友人が口を開いた。

「本当は『自由』に憧れてるんじゃない?」


その一言に、今までにないくらいストンと腑に落ちた。


『自由』今まで自分が何かとテーマにしていた。

自分は『自由だ』と発信したかった。

でも、常に『不自由さ』が後を着いてきていた。


そこで自分は確信した。


「自分にとってのファッションとは、

『自由へのあこがれ』 だと思う。」


自由。子供の頃からずっと夢にまででてきたもの。

ずっと求めていたのに、ずっと手に入らなかったもの。


その憧れを、自分はいつの間にか「ファッション」に取り入れていたのかもしれない。


よく、「ファッションは心を映す鏡」と聞くが、

そういう意味では、その言葉は正しいのだろう。なんの意識もしていなかったが、ハッキリと

「自由へのあこがれ」を表していたんだと気づいた。





自分にとってのファッションとは


自分は楽しいことが好きだ。

写真を撮ったり、旅行をしたり、友達と馬鹿騒ぎしたり、

ヒッチハイクに挑戦したり。


人はきっと、そんな自分をみて「自由を謳歌している」と思うかもしれない。


でも、その実、自分は常に「不自由」につきまとわれている。


ファッションも日常生活も、恋愛も。


自分は自分でしかないのに、

自分のままでいたいのに、

環境が自分を「型」に押し込もうとする。


でも、今思うのは、

型に嵌められ押し殺された過去の「自分達」を