好きな服を着るということ

簡単なご挨拶

こんにちは、初めまして。

このたびWe Are Human Tooのコラムに参加させていただくことになりました、東京の大学に通う大学四年生、22歳のレズビアンです。大変な世の中ですが、皆様元気にお過ごしでしょうか?残念なことに、私はもう一年以上、二丁目やイベントにはいけていません・・・。一刻も早く皆が安心して暮らしていける日常が戻ることを願う毎日です。


自分らしさについて

挨拶はこのくらいで、早速本題に入っていきます。

まずは概念的で抽象的な話から。

私が思う自分らしさとは、私を構成している全てのものを指していると思います。

性自認や性的指向だけに限らず、育ってきた環境や家族、友達、世間、経歴、様々なものに影響を受けた先に、今の自分らしさが出来上がっているのです。

だからこそ、私の思う自分らしさは、変わりゆく、流動的なもののように感じます。

「昔の私はこういうところが自分らしいと感じていた、けれどこのような経験を経て今の私はこのことこそが自分らしさであると感じる、しかしそれもまた変化しうるものであることも知っている」・・・。私の思う自分らしさとはこういったイメージです。


わかりにくいですね(笑)ここから具体的に話します。

今でこそ少しずつLGBTQ等様々なマイノリティーの存在は知られるようになってきましたが、私が育ってきた時代は、まさにこれらのことが「徐々に知られてきた時代」でした。そのような時代を生きてきて、世間の目や環境の変化に合わせて、少しずつ自分らしさを解放しやすくなり、自分自身の見方もまた、変わっていったように感じるのです。

今の私は、自分らしさを表現するときにおいて最も重要なことは、その自分らしさが「自分の好きな自分である象徴」となることだと考えています。





自分らしさとファッション

「自分の好きな自分」でいるためには、今の自分をより正確に理解し、自分で自分を受容する、ということが必要不可欠です。

私は自分の身体の性と心の性は一致していると認識しています。そのため、ファッション自体で自分を表現する重要度は、他の方々等と比べるとそこまで高くないように感じます。そのような観点からファッションの重要性について考えると、セクシャルマイノリティーという枠組み内において、レズビアンという性的指向を持っていても性自認と身体に不一致がない私は、性自認と身体が一致していてかつストレートの方々とほとんど変わりはないかもしれません。それでも私は、自分のファッションの中に、自身の性的指向に関する訴えのような自己表現が存在しているように感じます。

ファッションには、「自分を表現する」という自己表現以外にも、「自分の好きなものを身につける」ことによって気分を高揚させる、「他人から評価の高いものを身につける」ことにより社会的評価を得る、「みんなと同じものを身につける」ことにより連帯感を生み出す等、セクシャリティーに関わらず、人によって様々な意味が存在しています。そして私のファッションは、自己表現と、他人からの評価の二つのせめぎ合いによって成り立っています。




ファッションの変化

自分のセクシャリティーについてある程度理解してからの具体的なファッションの変化としては、まずいわゆる「男ウケ」を狙わなくなったことが挙げられると思います。自分がレズビアンだったからこそ、世間のストレートの女性が立っている過酷なステージ(いわゆるルッキズムのようなもの)から、ある意味降りることができたのかもしれません。また、自分の好きな格好をすることで、男性からの不愉快なジャッジや、女性からの敵意を向けられることも少なくなったので、ファッションの便利さを感じています。とは言っても、可愛い服も好きなので、着ることも結構あります。笑

逆に、「レズウケ(?)」「ストレートの女性ウケ」のいいファッションや見た目を考えたり、恋人がいる時はその相手の好みを考えたり等、正直に言ってしまうと他人からの評価を考慮してしまっていることも否めません。馬鹿ですかね・・・?苦笑

あと少し話が脱線しますが、大きな変化として主に小物関係でレインボー系のグッズを身につけることが多くなりました。同志に気づいてもらえたらいいなという気持ちや、世間へのささやかなメッセージのつもり、そして何より自己表現の一つとして身につけているのだと思います。

その他、例えば同じような服が二つのお店にあった場合は、どちらかがLGBTQフレンドリーな企業であれば、そちら側で買うようにも心がけています。




ファッションで意識していること

先ほど述べたように私も含め、おそらく多くの人が、他人からの評価をどうしても気にしてしまいがちですが、他人に認めてもらうためにはその人に合わせるというより、まず最初に自分とはどういう人間なのかをはっきり示すことが重要なんだと思います。それは人によってはとても勇気の必要なことかもしれませんが、一人一人の小さな勇気ある行動の積み重ねによって、世間は少しずつ変わっていくということを、ここ三十年の間を生きてきた人たちは、より強く実感していると思います。そして今もまさに世界は変化の渦中にあり、今の世界を変えてこれからの世界を作っていくのは、他ならぬ私たち自身なのです。

だからこそ私は、なるべく自分の好きな格好をしていくことを意識しています。もちろん社会のルールや守るべき身だしなみ等はきちんと整えますが、それ以外の面では他人からの評価よりも自分のやりたいことを優先できるよう心がけています。人生は短く、一度きり。楽しんだものがち!というのが私のモットーでもあるので。笑




自分の好きなファッション

私は結構移り気なので(笑)、色々なファッションが好きです。メンズライク、ストリート、可愛い系、フォーマル、古着・・・過去の私の写真を見返してみると、系統の変化に自分でもちょっと引きます(笑)系統がよく変わる人あるあるだと思うのですが、服の出費がやばいですよね。泣

世間では「女の子なんだから〜」と言われることがありますが、某界隈でも「フェムorボイだから〜」、「トランスだから〜」「Xだから〜」という暗黙の了解のようなものがどこか存在しているように感じますが、私自身は「見た目とか性別とかそういうの気にしないで自分の信念を持って自分のしたいように、好きにすればいいんじゃない?」と、(いい意味で?)適当に考えています。




最後に

なかなか年代が違ったりすると、生きてきた時代、環境、背景がまるっきり異なってしまうので、似たような価値観を持つことは難しいですが、それも世界にはたくさんの考え方や価値観を持った人が存在するということの良い例の一つだと思います。しかし、誰かに受け入れてもらえなくても、自分をしっかり持って発信していくこと(決して強要はせずに)は、とても意義のあることだと思います。そして一番重要なことは、たとえ理解してもらえない相手であっても、自分はその人のことを否定しないことです。誰もが自分らしく生き、そしてそれをみんなで認め合う、そういう優しい世界を目指して、今日も、そして明日も、好きな服を着ていきましょう!!



86回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2020 RAYRAY